国立公園 揖斐川峡 揖斐川丘苑

揖斐川のほとり、和の空間

外観写真

揖斐川の上流、四季によりさくらと紅葉が彩る地、揖斐峡。
川の水と共に流れる緩やかな時間。
その中に佇むように、当苑 揖斐川丘苑がございます。
当苑は、お客様にごゆるりと「和」を感じて頂ける空間を目指しております。

館外と中庭に庭園を設け、「美」と「静」を。
お食事のお席では囲炉裏を使い、「営み」を。
旬の野菜や魚を用いてお料理をお出しし、「食」を。
全ての面において、「古き日本の姿」を追求し、「和」の空間を創出しています。

外を歩けば、揖斐川の表情豊かな流れや木々のささやきに包まれる。
庭園内にある景石や飾石など庭園に込められた和の心を感じれば、時間が切り取られたかのよう。
囲炉裏で召し上がるお食事は、火の揺らめきに目を奪われ、気づけば魚は食べごろに。

伊吹山、夜叉ケ池、関ヶ原。
神話や民話、歴史のあるこの地だからこそ、より日本的な美しさが引き立ちます。
侘び寂びのある時間を、どうぞお過ごしください。

揖斐川丘苑の魅力

当苑の伝統 お見送り

当苑では、お客様がお帰りになる際にお見送りをするという伝統がございます。
この揖斐の地は、『さざれ石』発祥の地、君が代の詩の発祥地ということで、「別れのワルツ」の曲を背景に、日の丸の旗を振り、またのご来苑を願いながら。
当苑は、最後までお客様にお付きします。

ページの先頭へ